TOP > 新宮ライフセービングクラブについて > 寄付金・賛助協力団体のお願い

  寄付金のお願い (個人等)

 私たち新宮ライフセービングクラブは、各個人が完全無報酬で活動している任意ボランテイア団体です。しかしながら、団体としての運営資金は当然必要であり、資金なくしては満足な活動はできません。


 救命資器材等も高価であるため満足する資器材が揃うまでには程遠く、技術やマンパワーで補えるよう努力していますが、資器材不足によって救命できないような事案だけは絶対に避けたいと思っています。


 また、行政などと委託契約により活動している団体ではないため、現金収入はほぼゼロであり、運営資金もほぼない状態です。資器材搬送や昼食、交通費などは当然メンバーの自腹であり、県外遠征費や個人装備までもメンバー個人が工面して出費しながら活動を維持しているのが現状です。


 我々新宮ライフセービングクラブの活動趣旨にご賛同いただき、ご協力いただける方は、下記口座へ寄付していただけましたら幸いです。
 頂戴いたしました寄付金は、当クラブのライフセービング活動費の一助として確実に使わせていただきます。


 なお、寄付金にご協力いただきました振込依頼者名、寄付額及び寄付金支出用途は、年度毎に当Webサイト上でご公表させていただきます。
 匿名希望・寄付金非公開希望の方は、<メールフォーム>からその旨メール送信してください。ご公表を控えさせていただきます。
 また、寄付金の際の領収証は銀行等の発行する振込票等に代えさせていただきます。


 新宮海岸海水浴の安全と安心のため、皆様のご協力をお願い致します。


 お振込み先 : 西日本シティ銀行新宮支店 (普) 1750450 新宮ライフセービングクラブ


  賛助協力団体のお願い (企業等)

 上記の寄付金と同様に、企業様等へ賛助協力団体となっていただくことをお願いしております。


 賛助協力団体様は、活動時及び当WEBサイト上で「当クラブ賛助協力団体」として、広告及びWEBサイトへのリンクをさせていただいています。


 なお、ご協力いただいた資金は、当クラブのライフセービング活動費の一助として確実に支出させていただき、年度毎に会計収支についてご報告させていただくとともに、当WEBサイト上で公表しています。また、賛助協力団体様へは、年度毎に活動内容と結果等をご報告させていただきます。
 賛助協力団体となっていただける企業様等は、<メールフォーム>からその旨メール送信してください。こちらからご連絡させていただきます。


 海水浴の安全と安心のため、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。


 賛助協力団体 : 1口¥10,000/年 (振込用紙をお配りしております。)


  寄付金等


  寄付金等以外でのご協力企業等

潟xストサプライ新宮工場:駐車場、水栓の無償提供
海の家 新宮屋:雷雨時退避場所、通報連携、水栓の無償提供
シエルブルー:広報掲示板設置場所の無償提供
潟Wャパンエース・スイミングスクール:競技練習時のプール貸与
第一福鳥:まつり新宮の際に鶏肉安価提供
新宮湯元 鶴の湯:メンバーの入浴割引
寄付金箱設置事業所:寄付金箱設置場所の無償提供