TOP > 活動報告 > 競技会 > ハイパフォーマンス

  RESCUE2012ユース日本代表

 菅 卓也くんがみごとRESCUE2012ユース日本代表に選出され、頑張りました。

 

 内 容 : RESCUE2012世界大会
 年月日 : 2012年11月2〜13日
 場 所 : オーストラリア・アデレード


 「「世界」という舞台に「日の丸」を背負って闘ってきました。神経をすり減らすようなレースが続きましたが、応援してくださった皆さんの声が後押ししてくれたおかげでメダルを2つ獲得できました。これからはこの経験を次につなげていきます!ありがとうございました。」


 

 内 容 : ユース日本代表プール合宿
 年月日 : 2012年10月20・21日
 場 所 : 東京都


 「世界大会前の最後の国内合宿で、非常に充実した練習ができました。レース形式のタイムトライアルではベスト更新ができ、レースに向けていい流れを作ることができて嬉しかったです。チームもいい雰囲気なので世界大会では最高の結果を残します!」


 

 内 容 : サンヨーカップ
 年月日 : 2012年9月16・17日
 場 所 : 愛知県南知多町・内海海岸


 「人生で初めて「日の丸」を背負って闘う大会でした。各国のライフセーバーたちと闘うことができることにワクワクして大会に臨みました。出場した各種目とも課題が残るレースでしたが、RESCUE2012につながるレースができて可能性も広がってきました。」


 

 内 容 : ユース日本代表サーフ合宿
 年月日 : 2012年9月1日
 場 所 : 神奈川県・片瀬東浜海岸


 「サンヨーカップ前の最後の練習ということで、ユース日本代表チームが一丸となって取り組んだ合宿でした。主にチーム種目の確認が行われ、サンヨーカップへの手応えを感じる練習ができました。午後はジュニアプログラムのサポートを日本代表チームがさせていただき、小学生のライフセーバーたちと共に充実した時間を過ごすことができました。」


 

 内 容 : ユース日本代表サーフ合宿
 年月日 : 2012年8月19日
 場 所 : 千葉県・岩井海岸


 「パトロール期間真っ只中での合宿参加ということもあり、かなりの疲労が蓄積した状態での合宿でした。午前は「走り込み」が主に行われ、RUNのレベルの低さを痛感しました。午後はレスキューチューブレスキューの連携確認やインアウトの練習が行われ、サンヨーカップへの準備をすすめることが出来た合宿でした。」


 

 内 容 : ユース日本代表プール合宿
 年月日 : 2012年8月4・5日
 場 所 : 神奈川県藤沢市・日大藤沢高校


 「今回は世界大会を想定して50mプールを使用しての練習でした。短水路の25mとは違い、折り返しが少ない分、マネキンキャリー等の練習が充実して行えました。リレーの練習にも取り組んで、世界大会へのチームワークが育まれた合宿でもありました。」


 

 内 容 : ユース日本代表サーフ合宿
 年月日 : 2012年7月22日
 場 所 : 千葉県・本須賀海岸


 「千葉県本須賀海岸で行われた合宿に参加してきました。内容はビーチリレーの引継ぎ練習、レスキューチューブレスキューの実戦形式での練習でした。細かい部分の確認が行われ、「JAPAN」の競技力が向上していると思えた練習をすることができました。」


 

 内 容 : ユース日本代表プール合宿
 年月日 : 2012年7月8日
 場 所 : 茨城県龍ヶ崎市(流通経済大学龍ヶ崎キャンパス)


 ユース日本代表になって初めての合宿でした。「雰囲気も、団結感が生まれてきて良い雰囲気での合宿でした。しかし、まだまだチーム全体として泳力/タイムが低く、練習では競泳のような質の高い練習がありました。タイムトライアルではマネキンキャリーのタイムが昨年に比べて3秒向上していたので嬉しかったです。これからも合宿が続くので体調管理などにも気を付けていきます。」


 

 内 容 : RESCUE2012ユース日本代表顔合わせ
 年月日 : 2012年6月30日
 場 所 : 東京都・フクラシア浜松町


 「『日本代表』という、初めて日の丸を背負っての参加でした。会の中ではサッカー日本代表のダイジェストが流されて、監督から『このサッカー日本代表と同じ日の丸を身に付けて闘うのです。』という言葉が伝えられました。日本を代表する者として、日本のライフセーバーとして、これから『人の命を守るため』に自らの心身を鍛えていこうと思いました。」

  2011年度第6期JLAハイパフォーマンスチーム

 菅 卓也くんが2011年度第6期JLAハイパフォーマンスチーム強化指定B代表に選出され、頑張りました。

 

 内 容 : 全日本LS種目別選手権大会
 年月日 : 2012年6月9・10日
 場 所 : 新潟県柏崎市・柏崎中央海岸


 大会は新潟の柏崎で行われましたが、雨や寒さという悪いコンディションの中での試合でした。「フラットな海で泳力が問われるサーフレースでしたが、プールの経験を活かして決勝に残ることができました。しかし決勝では思うようなレースができずに非常に悔しい結果となりました。どんなに困難な状況でも結果を出していくことが求められたレースでもありました。」


 

 内 容 : 神奈川県ライフセービング選手権大会
 年月日 : 2012年5月27日
 場 所 : 神奈川県湯河原町・湯河原海岸


 種目別選手権に向けた最終調整の大会として、ラン・スイム・ランに出場しました。「サーフレースとは異なって、苦手なランの距離が長くて順位を落としてしまいました。しかし、スイムではボディーサーフィンなどの技術を活かして上位にくい込んでいけたので成長が確認できた試合でした。」


 

 内 容 : 全日本LSプール競技選手権大会
 年月日 : 2012年5月19・20日
 場 所 : 神奈川県横浜市(横浜国際プール)


 RESCUE2012ユース日本代表の選考対象のレースでした。「非常に緊張した状態でレースに臨みました。50mマネキンキャリーではベストを1秒更新できました。100mマネキンキャリーウィズフィンでは、フィンが得意なことを活かしてベストタイムを出すことができました。両種目とも『九州のライフセーバー』であることをアピール出来たと思います!」


 

 内 容 : HPTプール強化合宿
 年月日 : 2012年4月21・22日
 場 所 : 東京辰巳国際水泳場・日本体育大学


 1日目にプール記録会、2日目は日本体育大学でプール種目技術確認、体幹トレーニングがありました。「来月にRESCUE2012日本代表選考会を迎え、技術確認の意味で記録会と日体大での練習に参加しました。良いところ、悪いところありますが、自分の力を最大限に発揮して5月の選考会で代表の座を掴みとります!」


 

 内 容 : HPT海外強化合宿
 年月日 : 2012年3月5〜12日
 場 所 : オーストラリア アデレード


 プール・サーフトレーニングとサウスオーストラリア州大会へのオープン参加でした。「初めての海外合宿・大会ということで緊張していましたが、非常に充実したトレーニングが出来ました。震災から1年経った3/11には大会で国旗を持ってマーチパストに参加し、『日の丸の重さ』を感じました。11月にはRESCUE2012が再びアデレードであるので、参加できるようにトレーニングに取り組みます。」


 

 内 容 : HPTプール強化合宿
 年月日 : 2012年2月18・19日
 場 所 : 茨城県龍ヶ崎市(流通経済大学龍ヶ崎キャンパス)


 栄養学、泳ぎこみ、タイムトライアル、マネキンキャリー技術練習、フィジカルトレーニングでした。「タイムトライアルでは50m障害スイム3位、フィンスイム1位でした。フィジカルトレーニングでは前回の復習を行い、トレーニングを継続してきた効果が実感できました。」


 

 内 容 : HPTプール強化合宿
 年月日 : 2012年1月28・29日
 場 所 : 茨城県龍ヶ崎市(流通経済大学龍ヶ崎キャンパス)


 フィンスイム講義&実技、フィジカル・G2010CPR・スイムトレーニングが行われました。「雰囲気にも慣れてきて、各選手とのコミュニケーションがとれるようになりました。」


 

 内 容 : HPTプール強化合宿
 年月日 : 2011年12月17日
 場 所 : 神奈川県横浜市(慶応義塾大学日吉キャンパス)


 「フィン及びマネキンを使用した実践的な練習を行いました。合宿は1日だけでしたが、A代表選手の指導の下に練習できたので、充実したトレーニングができました。また、swim練後にはトレーナーの方より競技に有効な体幹トレーニングを学びました。」


 

 内 容 : HPTサーフ・プール強化合宿
 年月日 : 2011年11月19・20日
 場 所 : 千葉県勝浦市(御宿海岸)


 ボード、プール、アンチドーピング、ランなどのレクチャー・トレーニングでした。「トレーニングや技術向上だけでなく、多くの周りのトップ選手と触れ合う機会があり、意見交換などもできました。」


 

 内 容 : JLAハイパフォーマンスプログラム・プール審査
 年月日 : 2011年9月11日
 場 所 : 茨城県龍ヶ崎市(流通経済大学龍ヶ崎キャンパス)


 50m障害物(26'86)、50m自由形(24'97)、25mマネキンキャリー(26'56)、50mフィンスイム(20'53)、25mマネキンキャリーウィズフィン(16'73)のタイム測定があり、全国から41名のU-19が参加していました。